アセットヒューマン

お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけません。
新しいブラウザをお試しできます。 ブラウザは無料、インストールも簡単です。

2020.02.03

【2020年節分】正しい豆まきの仕方 今年の恵方は?

こんにちは。

北九州の人材派遣会社

アセットヒューマンのブログ担当です。

新着求人

工場経験なくても安心 かんたん作業 京都郡苅田町

フォークリフト作業  京都郡苅田町

今日は節分

『2月3日』

が節分と決められていない!?

2020年の節分は2月3日(月曜日)です。令和最初の節分ということになりますね。

節分といえば2月3日のイメージで定着していますが、実は2月3日が節分の日と決められているわけではありません
節分とは本来「季節の区切り、変わり目」のことを指します。この季節の区切りとは、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」のこと。昔はこの4つの区切りの前日を、すべて節分と呼んでいました。

なかでも立春は、旧暦で1年の始まりの日にあたり、厳しい寒さから暖かい季節に移り変わることから、特別にめでたい日でもありました。そのため節分といえば、この立春の前日、つまり今でいう大みそかという特別な日のことを指すようになったのです。

立春はここ30数年の間は2月4日で変わることはありませんでしたが、年によって日にちが変わることがあります。一番近い年でいうと、2021年の立春は2月3日ですので、2021年の節分の日は2月2日ということになりますね。

2020年の恵方は

西暦2020年は庚(かのえ)。今年の恵方は「西南西」になります。恵方巻きを食べるときは、「西南西」を向いて食べましょう。恵方は毎年変わります。

恵方とは?

恵方は毎年違うのでややこしく感じますが、 実は4つの方角しかありません。

  • 東北東やや右(ほぼ東でわずかに北寄り)
  • 西南西やや右(ほぼ西でわずかに南寄り)
  • 南南東やや右(ほぼ南でわずかに東寄り)
  • 北北西やや右(ほぼ北でわずかに西寄り)

恵方とは、歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指します。歳徳神はその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様の事で、年徳、年神様、正月様などとも呼ばれるそうです。昔からなじまれている神様です。歳徳神のいる場所は毎年変わり、その度に恵方も変わっていきます。その方角に向かって、いろいろな事を行うと良いと言われており、かつては節分の恵方巻きを食べるときだけではなく、初詣も恵方の方向の神社に参ったり、初めての事を行うときは恵方を向かって行ったそうです。恵方というのはとても身近なものだったのですね。

豆まきの正しいやり方

①福豆を準備します
福豆とは炒った大豆のこと。豆を炒り、豆まきをする夜まで枡、または三方(神様にお供えものをする器)に入れて神棚に供えておきます。

②豆まきは夜に行います
鬼は真夜中(丑寅の刻)にやってくるので、豆まきは夜が適しています。必ず家族全員揃ってから行いましょう。

③豆を撒くのは一家の主人
本来は家長の役目ですが、年男、年女、厄年の人が豆まきをする場合もあります。とはいえ、家族のイベントという意味合いも強いので家族全員でどうぞ。

④「鬼は外!福は内!」と豆を撒く

鬼を家から追い出すイメージで、 「鬼は外」で部屋から玄関の方へ豆を投げ、 「福は内」で逆に部屋に向かって豆を投げます。

これを部屋の奥から玄関まで順番に行なっていきます。

そして豆まきが終わったら、 まいた豆や落花生を 自分の年齢より1つ多く拾って食べましょう。

1つ多く食べるのは、「新年の厄払い」の意味があります。

新年の始まりです!

 

アセットヒューマンのホームページでは、

北九州の派遣求人情報を随時更新しております。

お電話でお気軽にご質問もお待ちしております。

093-512-8001

WEB応募もHPより24時間受付中です。

https://asset-human.com/

Twitterはコチラ

Instagramはコチラ