アセットヒューマン

お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけません。
新しいブラウザをお試しできます。 ブラウザは無料、インストールも簡単です。

2020.01.23

身体に良い?【本当はどうなの?】噂話?太る?瘦せる?

こんにちは。

北九州の人材派遣会社

アセットヒューマンのブログ担当です。

おすすめ求人

残業なし日勤のみ働きやすい工場 福岡県京都郡苅田町

巷の謎第2弾!

本当はどうなんだろう・・・太る?瘦せる?身体に良い?良くない?

噂のあれこれ調べてみました。

目次

〇卵は1日何個まで食べていい?

〇お米は太る?

〇コーヒーは1日何杯まで?

卵は1日何個まで食べていい?

厚生労働省は、男性750mg、女性600mg未満という、1日のコレステロールの摂取基準を設けていました。ちなみに、50〜60gのたまご1個のコレステロールは200〜240mgと言われているので、1日2個食べると目標値をオーバーしていました。

しかし、2015年の改訂で、日本人の食事摂取基準からコレステロールの摂取基準が削除され、目標量はなしと改められました。

日本でも1981年に、人体とコレステロールに関する興味深い研究結果が発表になりました。健康な成人に、1日5~10個のタマゴを5日間連続して食べさせるという実験です。その結果、1日に10個ずつ食べた人でも血中コレステロールの値はほとんど変化しないことがわかりました。

また、最近の実験でも、普段の食事以外に、1日にタマゴを3個ずつ、しかも2週間食べつづけてもらった結果、コレステロール値を測ってみると、ほとんど変化はありませんでした。

また、卵黄に多く含まれているオレイン酸やレシチンが「善玉コレステロール」の量を増加させるため、身体に負担をかけずに良質のコレステロールを摂取することができます。

そして、コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないそうです!

ただし、この調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

今まで、コレステロールが高いからと思ってたまごを食べていない人は、大変もったいないです。1個は食べたほうがいいし、1~2個は全然問題がないと考えたほうがいいです

お米は太る?

お米に多く含まれる糖質。糖質を摂ると血糖値が上がり、体内ではインスリンを分泌して糖分を脂質に変えることから、「お米=太りやすい」という認識が広がっています。
しかし、糖質にも種類があり、甘いお菓子やジュースなどに比べて、お米による血糖値の上昇はゆるやかです。

振り返ってみると、昔の日本人は今よりお米を食べていましたが、肥満は現代ほど多くありませんでした。それは、脂質の多いおかずが少なかったから、と考えられています。

糖尿病の原因は米の食べすぎではない。米の消費も砂糖の消費も年々減ってきているのに、糖尿病が増えているのは何故か。それは食べ方が悪いからで ある。米を主体にした食事をしっかりしていたら、人間は本来太らないようにできている。米を食べずに肉ばかり食べているから太っている。あるいは食べる順 序が悪いから太っているのである。

糖尿病の最大の原因は運動不足である。宇宙飛行士はみんな糖尿病になる。何故なら、宇宙空間は無重力であり、筋肉を働かせる必要が全くないからである。 筋肉はブドウ糖や脂肪を最も大量に燃やす臓器である。筋肉が全く働かなければ、脂肪もブドウ糖も全く燃焼できない。現代人はほとんどこの宇宙飛行士に近 い。

「“ごはんを食べると太る”というのは思い込み。むしろ、主食を変に制限することで、太りやすくなっている人が多いように思います」

穀類やいも類などに含まれるデンプンには、消化吸収されずに小腸を通過し、食物繊維と同様の働きをする“レジスタントスターチ”が含まれるのが特徴だ。もともと食物繊維が豊富な上に、レジスタントスターチも含んでいるので、消化吸収がゆっくりになる。つまり、穀類やいも類は腹持ちがいいのだ。

コーヒーは1日何杯まで?

結論から言うと

健康成人であれば、コーヒーの適量は、コーヒーカップで1日5,6杯と言われています。これはコーヒー1杯のカフェイン量から計算した値です。カフェインの摂取量に注意が必要な妊婦さんは、コーヒーカップで1日3、4杯と言われています。

これはあくまで一般的な目安であり、コーヒーの種類や体質によっても左右されますので、参考までにして下さい。

コーヒーは良い気分転換になるので、日常的に飲む人も多いと思います。生活に欠かせないと感じている人も多いので、適量を超える量を日常的に飲んでいる人も少なくないと思います。

「カフェインのリスクは分かっているけど、コーヒーはやめられない」という人には、ノンカフェインもしくはローカフェインのコーヒーがおすすめです。

カフェインのリスク

具体的な中毒症状として、「神経過敏」、「興奮」、「睡眠障害」、「顔面紅潮」、「嘔吐」などの胃腸症状などを起こすとされています。

カフェインは身体に良いこともたくさん!

  • 眠気を抑制する覚醒作用
  • 疲労感を減少・抑制する興奮作用
  • 身体の血流を促す血管拡張作用
  • 老廃物の排出を促す利尿作用

コーヒーを飲用することによるメリットはたくさんありますが、過剰に摂取することで健康に害を及ぼす場合もあります。カフェインには、胃液の分泌を促す作用があるため、空腹時に過剰摂取をすると胃を荒らしてしまうことがあります。また、覚醒作用があることから眠る前に摂取することで、なかなか眠りに就けず睡眠の質が低下する恐れもあります。他にも貧血を起こしやすくなったり、自律神経のバランスが乱れてしまったりといった数々のデメリットも存在するとされています。いくら気分がスッキリするからと言って、やはり飲み過ぎは良くありません。健康な成人はカフェインの摂取量は1日400ml以下、コーヒーカップで5杯~6杯までだと言われています。適切な摂取量で限度を超えないように注意しましょう。

 

なんでもほどほどに。ですね。

 

アセットヒューマンのホームページでは、

北九州の派遣求人情報を随時更新しております。

お電話でお気軽にご質問もお待ちしております。

093-512-8001

WEB応募もHPより24時間受付中です。

https://asset-human.com/

Twitterはコチラ

Instagramはコチラ