アセットヒューマン

お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけません。
新しいブラウザをお試しできます。 ブラウザは無料、インストールも簡単です。

2019.12.10

時短料理【乾物レシピ】栄養価も高い乾物料理

こんにちは。

北九州の人材派遣会社

アセットヒューマンのブログ担当です。

新着求人 おすすめ事務のお仕事

高時給 土日休みの事務 小倉

パートタイムの事務 鞍手郡

オープニング働きやすい事務 戸畑

調理師資格を持つアセットヒューマンブログ担当お馴染みの

かんたん時短お料理レシピ第4弾!

お仕事に家事に両立お疲れ様です。そんな方におすすめ!

 

この時期寒くてお水も冷たい・・・洗い物を減らしたい。

包丁要らず、まな板要らずで、栄養価も高い!

おすすめが乾物!!

豆・わかめ・干し椎茸・切り干し大根・高野豆腐・きくらげ・ドライフルーツ

どれも栄養価が高い!

今日はきくらげと切り干し大根について、栄養価とレシピをお伝えします!

きくらげの栄養

鉄分、ビタミンDが豊富。
薬膳料理では、滋養強壮、美肌効果があり、血液を浄化し、女性の血の道にきくといわれます。
婦人科系疾患や貧血、動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防に。
食物繊維、カルシウムも含みます。

きくらげの中で、一番注目したいのはビタミンDです。

ビタミンDとは、骨を丈夫にする作用があります。また、近年では糖尿病やがん、さらにうつ病に効果があると言われている成分です。実は、ビタミンのなかでDだけは紫外線を皮膚に浴びることによって、体内に形成されます。ところが最近は、特に女性が紫外線を浴びなくなったので、ビタミンD不足の人が増えていると言われています。

きくらげが全食品の中で1位なのです。

きくらげの時短レシピ

きくらげと卵炒め

※きくらげは、包丁を使いたくないので、千切りになっているきくらげを使います。

①きくらげを水で戻しておきます。

②熱したフライパンにごま油・きくらげ・卵を入れて炒めます。

③味付けは顆粒中華だし(お好みで塩コショウ)

あっという間に出来あがり!

栄養価も高く、美容にも良い!まな板・包丁なし!

きくらげとミンチ肉炒め

※きくらげは、包丁を使いたくないので、千切りになっているきくらげを使います。

①きくらげを水で戻しておきます。

②熱したフライパンに少量の油・ミンチ肉(合いびき肉でも豚でも鶏でもOK!)を入れ炒めます。

③ミンチ肉の色が変わり火が通ったら、きくらげを入れて炒めます。

④味付けは顆粒中華だしとしょうゆ、たっぷりのごま油

ご飯に合う!おすすめレシピ!

切り干し大根の栄養

栄養成分は食物繊維、ビタミンB1、葉酸、パントテン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄が豊富。

切り干し大根のカルシウムは、一食分(15g)の場合約81mg。牛乳に比べ脂肪分も少なくヘルシーである。大根は約95%が水分だが、天日干しにすることで水分が16%程度にまで減り、旨みや栄養が凝縮される。カルシウムだけでなく鉄、食物繊維なども大幅に含有量が増える。。生野菜を大量に食べることは難しいが、切り干し大根の場合、少ない量で食物繊維をたくさん摂取することができ、便秘の緩和にも役立つ。

ビタミンB1とB2は女性にうれしい栄養成分なのを知っていますか?

肌などの皮膚や髪の毛を健康に保つ働きある栄養素なのが嬉しいですよね。また、冷え性の予防してくれることも知られています。

切り干し大根の使い方

水にあまり長くつけすぎない

上手に戻す一番のコツは、ズバリ水にあまり長くつけすぎないこと。天日干しによって作られていますので、まずは何度か水を替えながら流水でもみ洗いをします。それから、改めて水に15~20分ほどひたすくらいがちょうどいいようです。

戻し汁まで使い切る

水で戻してから使う場合は、その戻し汁のほうにも栄養が溶け出しています。ぜひ戻し汁ごと調理に使ってしまいましょう。戻し汁を使わないお料理の場合は、汁だけ冷凍しておきます。冷凍しておいた戻し汁をお味噌汁やスープなどに入れると、うまみが増してとてもおいしくなります。

スープ、みそ汁などは、わたしは戻さず使います。時短!時短!

切り干し大根レシピ

おすすめはスープやお汁です!

マグカップやお椀に切り干し大根と顆粒スープの素を入れ

お湯を注ぐだけ!

栄養価も高く、あっという間に出来ます!

次は高野豆腐とわかめをお伝えします!

 

アセットヒューマンのホームページでは、

北九州の派遣求人情報を随時更新しております。

お電話でお気軽にご質問もお待ちしております。

093-512-8001

WEB応募もHPより24時間受付中です。

https://asset-human.com/

Twitterはコチラ