アセットヒューマン

お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけません。
新しいブラウザをお試しできます。 ブラウザは無料、インストールも簡単です。

2020.03.03

3月3日ひなまつり【初節句・桃の節句】

こんにちは。

北九州の派遣会社

アセットヒューマンのブログ担当です。

3月3日桃の節句・ひな祭り由来

3月3日の「桃の節句」は、女の子の節句です。3月3日といえば、一般的に「ひな祭り」として祝われます。桃の節句は、本来「上巳(じょうし)の節句」と言い、<3月の最初の巳の日>を指していましたが、のちに3月3日に定められます。

日本には古来より、自分の不浄を託した人形(ひとがた)を、川や海に流して厄災を払う習慣がありました。これに、平安時代にはじまる「ひいな遊び」という人形遊びが結びついたのが、川や海に人形を流してお祓いをする「流し雛」です。「流し雛」は現代の「ひな祭り」のルーツと言われています。

桃の節句と言えば、まず思い浮かぶのが雛人形です。桃の節句で雛人形を飾る理由は、娘の厄災を雛人形が引き受けるためです。

桃の節句のお祝いの席に並べる料理には、「菱餅(ひしもち)」「はまぐりのお吸い物」「ひなあられ」「ちらし寿司」「白酒」が挙げられます。それぞれの食材は、幸せや健康などの意味を持っています。

初節句

初節句(はつぜっく、はつのせっく)は、子供が生まれて最初に迎える、特定の節句である。赤ちゃんの成長を願う行事で、3月3日と5月5日に行われます。

男の子なら最初の端午(5月5日・こどもの日)、女の子なら最初の上巳(3月3日、雛祭り・桃の節句)が祝われる。

お祝いの仕方

ひな祭りでは、ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いをするのが一般的です。

最近は菱餅やひな人形をかたどったケーキや洋菓子でお祝いしたりと、お祝いの仕方もさまざまに変化してきています。

ひな人形は早く片付けた方がいい?

ひな祭りのルーツ「上巳」の節句はもともと旧暦の3月3日、今でいう4月の上旬頃に行われる行事でした。そのため地域によっては4月の上旬や3月末までひな人形を飾っているところもあります。

いつからいつまでといった期間に、決まり事や正解はありません。 とは言え、お飾りする為の目安をご紹介します。

二十四節気のひとつ、雨水(うすい)に飾るとよいと言われるところもあります。 雨水は、温かさに雪や氷が溶けて雨水として降り注ぐ日。 昔から、農耕の準備をはじめる目安としてつかわれてきました。 また、水は命を象徴する源とも言えます。 水神の弥都波能売神(みつはのめのかみ)は、豊穣をもたらす農耕神とされ、子宝や安産の神とも信仰されています。 こうした事もあり、雨水の日におひな様を飾る事は、良縁につながると言われています。 毎年2月18日、19日にあたりますので、こちらも参考にしてみてください。

雛人形を片付けるのは、啓蟄の日(けいちつのひ)がベストだと言われています。 啓蟄の日というのは、二十四節気のなかのひとつで、3月6日ごろのことを指します。 とは言え、片付けるのが遅くなったとしても特に問題がおきる訳ではありません。

片付ける日はなるべくお天気の良い日にしましょう。

雛人形に使用している生地は湿気に弱く、湿度が高い天候の悪い日が大敵なのです! ジメジメした日にしまうと、人形に湿気を残したまましまうことになってしまい、来年出してみるとカビやシミが……という結末になりかねません。

お嫁にいけなくなるという事は決してありません。

お人形を大切にする意味でも、安心して天候と相談しながら湿気のない日にしまうことをおすすめします。

女性活躍のお仕事

お客様案内と事務 福岡県宗像市

アセットヒューマンのホームページでは、

北九州の派遣求人情報を随時更新しております。

お電話でお気軽にご質問もお待ちしております。

093-512-8001

WEB応募もHPより24時間受付中です。

https://asset-human.com/

Twitterはコチラ